• 犬とスキンシップを取る女性

    日頃のスキンシップが重要

    の癌治療には、人間と同じように手術をして、腫瘍を取り除いたり、放射線、抗がん剤、

  • 確率は人間の2倍

    本でも近年、ペットブームにより犬の扱いが変わってきました。昔は中型の雑種が一般的

しっかり観察してあげる

歯の診療

犬は昔から人間のパートナーの動物としても有名でありペットとして家族の一員に迎え入れている家庭は大変多い。
室内で飼える小型の種類も一般化してきたことから一人暮らしの人が寂しさを紛らわせるために飼うというケースも多いのである。
動物はその愛くるしさから気持ちを癒してくれるものの勿論人間の言葉は話せないので動作や挙動で気持ちを理解してあがることが大切である。
特に体調が悪いときや病気のときはいかに普段から観察してあげているか、で癌など病気の初期発見の早さが決まり目ヤニや鼻の光沢、鼻水や食欲、便の状態など言葉が伝わらないものの健康に異常を来たした場合は必ずどこかにサインが現れているはずなので見逃すことのないよう注意が必要である。

■ペットのために
犬は嬉しくなればしっぽを振ってはしゃぐというのは飼ってない人でも知っているほど有名であるがしっぽを振って元気そうにしていても必ずしも体調が万全とは限らないのである。
大事なのは普段と違う挙動をしているかどうか、でありたとえばいつも以上にすりよって甘えてくるからといってただ寂しいだけではない場合もある。
ペットフードも数々の種類が発売されており年齢によって選択することができるほど豊富であるが自宅で餌を調理する人もいるのである。
この場合に大切なのが味つけである。
人間の感覚で調味料などを使ってしまうと動物には害になることもあり、注意が必要である。
ただ、犬の食事は不必要な味付けは必要ないが栄養的には塩分が無用というわけでもなくわずかな塩分は管理してあげることが肝心である。

■動物病院に
いざ体調の変化を発見し、病院に連れて行ったほうがいいんじゃないか、治療が必要なのではないか、と思った場合まずは落ち着くことが大切である。
普段はおとなしく今まで飼い主を噛んだことがなかったとしても体調の具合によっては苦しいので無理に動かそうとすると苦しがったり、噛んだりするケースもあるので注意が必要だ。
もし自力で動くことができないほどグッタリしていたりするときには毛布やタオルなどに包んで抱いて病院を受診するのが良い。
大型の場合は一人では難しいためできれば複数人で毛布などを担架のように使い車を使って移動するのである。
緊急の場合気が動転してしまいがちだがまずは落ち着いて、ペットの状態をチェックしそして病院に電話を入れることで、メモを取り必要なものや適切な支持を仰ぐことが第一である。

オススメリンク

犬の癌治療について詳しく知りたいなら|犬の癌治療お役立ちサイト

犬とスキンシップを取る女性

日頃のスキンシップが重要

犬の癌治療には、人間と同じように手術をして、腫瘍を取り除いた…Read more

確率は人間の2倍

日本でも近年、ペットブームにより犬の扱いが変わってきました。…Read more

関連リンク

カテゴリー